SANKEI BUILDING - 三経ビルディング

代表挨拶

終わることのない開発への挑戦 - Challenge to development

日本経済が復調の兆しを見せている中、不動産業界の景気も明るさを取り戻しつつあり、転売益を求めた物件の売買も増加傾向にあります。しかし、このような時代背景の中でも、私どもは堅実に物件を購入し続け、さらに一度取得した物件は売却いたしません。なぜならば、転売して利益を得るのではなく、有効利用することに意義や喜びがあるのだと考えるからです。取得時に見出した可能性を信じ、どのような物件であっても妥協せずに活性化を目指し、その街にあった内装・外装にリニューアルすると共に、その物件の立地を最大限に活かせるテナントを誘致していく。これこそ本来の不動産事業の姿だと確信しております。
ビル1棟を蘇生させることにより、周りのビルが息づき、人の道が拓く。そして街全体が蘇っていく。今後とも私どもはスタンスを変えるつもりはありません。物件を有効活用することが、将来的な地域の活性化に繋がると信じ、誠実に社会貢献を果たして参ります。

株式会社三経ビルディング 代表取締役 木山貴英